剃っても抜いても生えてきてキリがないというイメージ

自分で時間と手間をかけて脱毛する女性、専用サロンでお金と時間をかけて脱毛する女性、脱毛への取り組み方は人それぞれだと思いますが、共通して言えることは、どんなに頑張ってもきりがないということだと思います。

ニードルによる永久脱毛をすれば一番良いのでしょうが、全身脱毛をその方法で完成させるとしたら、膨大なお金と時間がかかりますし、何よりもあの施術は痺れと痛みが大変なので現実的には不可能に近いと感じます。

そこで手軽なシェーバーによる自己処理や、リーズナブルな光脱毛がもてはやされるのですが、これらは、再生のリスクが否めません。そのため、脱毛には、剃っても抜いても生えてきてキリがない、まるでモグラ叩きのようなイメージを持っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ