青春や若さをイメージします

若いときは変な意味ではなく肉体を誇示したいものです。夏になればノースリーブやタンクトップを着て腕を出したい気持ちはわかります。そんな時に曲者なのが無駄毛なのです。一本でも残っていたら興ざめなので処理する時は真剣です。女の子はこういうことに青春を賭けられるのです。
しかし通常の処理では追いつかない人もいます。脱毛クリームと毛抜きで処理できればいいのですが、抜くには本数が多すぎるし剃ると剃り後が男性の髭剃り後のようになってしまいます。こうなると脱毛しかありません、昔は大変高価でした。それでも女の子である以上やらないわけにはいかないのです。
現在では安価で痛みも少ない脱毛方法があるようですね。いい時代になったものです。年をとってくると無駄毛も自然に少なくなります。無駄毛は青春の証なのでしょうか。私も処理をする必要のない年齢になりました、いくら脇がツルツルでも青春はよみがえりそうにありません。  

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ